横浜で人気の医療脱毛

クリニックと脱毛サロンの違い

医療レーザー脱毛と光脱毛の違い

医療レーザー脱毛と光脱毛の大きな違いは、出力の差です。出力が違えば、効果も大きく変わってくる事になります。出力が高いのは、医療機関で行われている医療レーザー脱毛です。施術に使う医療用レーザーは、1回で毛根を破壊する事ができるだけの高い効果があり、一般的な部位であれば5回から6回の施術でムダ毛が生えてこない状態へと変えていく事が出来ます。それに対して、光脱毛で使う光は、医療用レーザーに比べると効果が弱く、その分を回数で補っていく事になります。その為、光による脱毛は18回前後の施術が必要になってきます。ただ、光脱毛は痛みが少ないという特徴があります。医療レーザー脱毛で使う医療用レーザーは医療機関でしか扱えない為、施術を受ける為には美容系のクリニックに行く事になります。エステや脱毛サロンは医療機関ではない為、医療用レーザーは扱えず、その為、光による光脱毛が主流となっています。脱毛を始めたいと考えたら、脱毛の種類を覚えておく事も大切です。

医療脱毛と光脱毛の痛みを比較

美容クリニックや脱毛クリニックなどの医療機関における医療レーザー脱毛は、医師の立ち会いのもとで専用機器からレーザーを高出力にて照射することができる施術のこと。エステサロンにおける光脱毛に比べるとその照射の強さの面で大きな違いがありますので、毛根へ与えるダメージも極めて強いものとなります。この脱毛効果と共に多少の痛みが伴うことも避けられず、医療レーザー脱毛では輪ゴムで弾いたような痛みが間断なく続くことでも知られます。これと比較すると光脱毛はその光のエネルギーが一極集中ではなく、むしろ分散されて肌へ照射されますので毛根へのダメージもそれだけ緩やかなものになる一方で痛みに関してもそれほど強いものにはなりません。そのため医療レーザー脱毛の痛みを我慢できない人が光脱毛を選択するケースも数多く見られます。ただし、最新式の医療レーザー脱毛では照射と共に肌の冷却を同時に行うものもあり、これらでは痛みを最小限度に抑えることが可能です。これまで苦労していた人でも快適に受けられることでしょう。

医療脱毛に必要な回数

毛深い女性はどうしてもムダ毛が気になるので、頻繁にムダ毛の自己処理をしがちです。しかしあまり頻繁にムダ毛の自己処理をしすぎると、肌荒れや黒ずみなどの肌のトラブルに悩まされることになります。安全でより綺麗な肌を目指すなら脱毛クリニックなどに通い、医療脱毛をおこなうといいでしょう。医療脱毛ならばパワーの強いマシンを使用できるので、脱毛効果も高く脱毛が完了するのが早くなります。全身が毛深いならば、部分脱毛をするよりも全身脱毛にした方が、費用も時間も少なくてすみます。医療脱毛で全身脱毛をする場合は、どのくらいの回数の施術をすればいいか気になる人もいますが、医療脱毛では1回の脱毛効果が高いので施術回数も5回~6回で完了することが多いです。脱毛サロンなどでおこなう光脱毛だと施術回数も12回~18回くらいかかるので、いかに医療脱毛の施術回数が短いのかがわかります。2~3か月の毛周期にあわせて施術をおこなうと、1年~1年半くらいで全身脱毛は完了します。

医療レーザー脱毛の種類と特徴

レーザーの種類

ダイオードレーザー

せっかく脱毛するのであれば確実に脱毛できる機械を選びたいものです。現在、医療レーザー脱毛で主に使われている脱毛機は、ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーがあります。ダイオードレーザーの特徴は、皮膚にダメージを与えることなく黒いメラニン色素に反応して毛根と毛包を破壊していきます。毛質も選びません。細い毛にも効果があるので、脱毛がすすんでいくとだんだん薄くなっていきますが、最後まで効果が期待できます。冷却装置がついているのでやけどの心配がなく、安全性も認められているので安心して施術を受けることができます。日焼けしていても大丈夫なので、夏でも日焼けを気にせず海水浴やマリンスポーツなどができます。

アレキサンドライトレーザー

医療レーザー脱毛の中にアレキサンドライトレーザーというレーザー脱毛の種類があります。このアレキサンドライトレーザーは、ヘッドが軽く使用しやすくなっており、脱毛に良く使用されるレーザーになります。アレキサンドライトレーザーの特徴は、使用時に冷却ガスが発射されるようになっているため、お肌を冷却しながら脱毛することが出来、お肌への負担がダメージがかからない優しいレーザーです。施術後にお肌を冷却する必要も無く、冷却ジェルを塗る必要もありません。このようなことから、アレキサンドライトレーザーは、施術をする人に取ってお肌への負担が少なく、優しいレーザーとして最も使用される機会が多くあるレーザーと言えるでしょう。

ロングパルスヤグレーザー

医療レーザー脱毛ではレーザーの光を使用されることになるのですが、レーザーにもいくつかの種類があります。肌の色や毛の質に合ったレーザーの種類を選ぶ必要があるのですが、ロングパルスヤグレーザーは太くて根深い毛質に高い効果を発揮します。男性のヒゲであったり、女性でもVラインや脇毛になると太い毛が生えてしまいがちです。毛根の側にある毛が生えるための指令を出す組織に対してレーザーを届かせる必要があるのですが、根深い毛質になれば脱毛器の種類によっては届かないこともあります。ロングパルスヤグレーザーでは、波長が長いことから確実にとらえることができます。また、肌の色が濃い目の人にも安心して利用ができるというメリットを持っています。

ルビーレーザー

医療レーザー脱毛で使用されているレーザーのひとつにルビーレーザーがあります。ルビーレーザーの波長は694nm で、メラニン色素による色素沈着部位に強い反応を示すので、ムダ毛が気になる個所に照射すると、毛母細胞に強いダメージを与えて破壊することが出来ます。顔に照射すると、シミやそばかす、アザなどの改善にも効果があり、傷跡を残さずにメラニン色素のみを治療できるので、周囲の正常な皮膚を傷つける心配はありません。ルビーレーザーはヘモグロビンへの吸収が低く、血管を傷つけることもないので、肌の色が薄い人の脱毛には非常に効果があります。ただし肌の色が濃い人の場合は火傷を起こしやすいので、別のレーザー機器の方が向いているでしょう。

脱毛機の種類

ジェントルレーズ

ジェントルレーズは、医師免許を持つ者のみが使用できる、高出力な医療レーザー脱毛機です。毛根などの黒色のメラニン色素に反応するレーザーを照射する事で、毛を生成する細胞のみを破壊するので、肌へのダメージや、施術時の痛みを、最小限に食い止めることができます。日に焼けた肌や、色素の濃い肌の方は、肌にも反応し、痛みや火傷のリスクがあるため、利用を避けることが推奨されますが、逆に色素の薄い肌であれば、毛根のみに反応し、ピンポイントで効果を発揮することができるので、より高い脱毛効果が期待できます。また、同種のレーザーは、シミの除去などにも用いられ、メラミン色素による皮膚のシミにも反応するため、その副産物として、脱毛をしながらも、美白効果が期待できます。

ライトシェアデュエット

最新のダイオードレーザーの技術を活用しているのが、医療レーザー脱毛の機器のライトシェアデュエットの特徴の一つです。レーザーの熱を利用する事によって、毛乳糖のタンパク質の機能を停止させて、毛乳糖を破壊してくれる、ライトシェアデュエットを多くの方が活用しています。肌を冷却しながらレーザーを照射する事ができるために、ライトシェアデュエットは毛穴の熱を感じにくく、痛みの少ない医療レーザー脱毛として好評です。毛根にまでレーザーを効率よく届ける事を重視して、ライトシェアデュエットが開発されているために、短時間で毛を抜く事ができます。皮膚を吸引しながらレーザーを照射するので、毛を抜く位置がズレにくいために、毛の生え際の微調整を行いやすいところも特徴です。

メディオスターNeXT

メディオスターNeXTは、バルジ領域を破壊することを目標とした医療レーザー脱毛機器です。バルジ領域は、2000年に発見された毛の組織であり、毛に栄養を与える役割をしている部分です。バルジ領域は、毛根の中にある細胞ではなく、皮膚の表面に近い部分にあるため、バルジ領域を破壊するために必要なレーザーの威力は、毛根を破壊するよりも小さなものでも大丈夫なため、毛根を破壊する医療レーザー脱毛機器よりも、メディオスターNeXTの場合はレーザーの威力が小さく、痛みが少ない治療を実施することが可能になっています。冷却のシステムも搭載されているため、肌へのダメージを抑えることができ、顔の治療も行いやすくなっています。

ジェントルヤグ

ジェントルヤグとは、医療レーザー脱毛の一つです。医療レーザー脱毛と言っても、機械の種類やレーザー光にも数種類あります。ジェントルヤグは、日本では十数台しかない最新の医療レーザー機器です。また、ジェントルヤグは、YAGレーザーを使用しています。YAGレーザーとは、数々のレーザーの中で、波長が長いので、パルス幅が長いレーザーを肌の奥まで照射できます。マイナス26度の冷却空気で皮膚を保護しながら、毛根に存在するメラニン色素を利用して、毛根周辺の組織を破壊します。そのため、毛根の深いムダ毛に効果があり、肌の深い部分までレーザーが届き、毛根周辺の組織を破壊することができます。また、肌の浅い部分に反応しないので、色素沈着や日焼け跡がある肌にも使用できます。

レーザーと脱毛機の種類のまとめ

医療レーザー脱毛は、美容皮膚科クリニックで受けることができる脱毛なのですが、どのクリニックでも同じマシンを使用しているとは限らないので、自分に合ったマシンが導入されている美容皮膚科クリニックを選ぶ必要が出てきます。多くのクリニックで導入されている主流とも言えるマシンには、アレキサンドライトレーザーがあります。黄色人種でもある日本人の肌の色に合ったマシンであり、痛みなどの肌トラブルが少なく効果的に脱毛を進めることができます。しかし、小麦色に日焼けをした人になれば、今の肌の色に合わせたマシンを選択する必要があります。ダイオードレーザーであれば、肌の色が濃いめの状態でも安心して受けることができます。他にも、毛質の面で脱毛を考えてみるのなら、男性のヒゲ脱毛にも活躍しているロングパルスヤグレーザーもあります。波長が長いことから太く根深い毛の毛根周辺に作用させることができます。女性であれば、ルビーレーザーに人気があります。シミやくすみ、ニキビなどの肌トラブルにも効果があるので、脱毛とともに美肌も手に入れることができます。

医療脱毛の料金

クリニックと脱毛サロンの料金の違い

医療脱毛とエステの脱毛は、効果が異なるために料金が異なります。医療脱毛は、医師がお肌と毛の状態を診察し、施術を行うもので、使用されるマシンも医療用の高出力のレーザー機器です。レーザーは医療機関でしか扱うことができません。エステは医療機関ではないので、レーザーを使用することができず、弱い出力のフラッシュと呼ばれる光を出すマシンを使用しています。レーザーは毛根を破壊しますが、フラッシュは毛根を破壊する出力がないので、施術によって一時的に毛がなくなっても、しばらくすると毛が再生されてしまいます。料金はエステの方が安いですが、それはマシンの機能の差と、医療スタッフの人件費がかかるからという差になります。費用だけ比較すると、エステで受けた方がお得に感じますが、きちんとした脱毛効果を得るためには、医療脱毛の方が安心です。エステはあくまで一時的な施術であることを覚えておきましょう。ムダ毛をなくしたいのなら、医療脱毛が効果的です。

横浜の医療脱毛の料金の相場

エステサロンや脱毛サロンに比べて、医療従事者の元で脱毛ケアが受けられる医療脱毛は、安全面や短期間でケアが完了するなど様々なメリットから多くの女性に支持されています。ただ保険診療外で自費で脱毛ケアを受ける必要があるため、エステサロンに通うよりも施術料金が高いと感じる女性も少なくないのです。そこで納得してお肌のお手入れを行うためにも、複数の医療機関で受けられる医療脱毛の料金相場を把握しておくことをおすすめします。一般的に医療脱毛で使用されている医療レーザーは、クリニックによって種類が異なりますので、施術に必要となる回数や費用は若干異なると言われています。ただ多くのクリニックで行われている医療脱毛に必要な施術回数は、だいたい5~6回コースが多く、費用は全身脱毛の場合269,000円~350,000円と費用の幅があります。部分脱毛の場合クリニックによってはエステサロン並の低料金コースが用意されている場合も高く、リーズナブルなケアが可能です。

安い医療脱毛探しのコツ

最初からクリニックでの脱毛は高いと考えがちですが、安い医療脱毛探しにはコツがあります。初めて利用をするクリニックであれば、新規向けにキャンペーン価格で脱毛メニューを用意していることはしばしばです。今ではほとんどのクリニックで公式ホームページを持っていますので、新規向けにキャンペーンを行っていることを、公式ホームページで確認してみます。中には紹介で費用が割引になるなど、友人や家族に紹介してもらい、医療脱毛を安くはじめるチャンスにできる可能性もゼロではないです。最初から高額の脱毛契約をしようとは考えないで、部分的にできる、お試し脱毛を選ぶことも良い方法です。脇やビキニラインなどの部分的にする脱毛を、少ない回数でお得にメニューに出しているクリニックは、案外少なくはありません。期間限定であるケースもありますので、お得なキャンペーン情報は逃さないことです。お試し脱毛であれば、医療脱毛でも安い金額で体験できます。

支払方法

毛深い女性はムダ毛の自己処理が面倒なので、クリニックなどに通い医療脱毛を受けることもあります。医療脱毛は脱毛効果が高い分、費用も高額になることも多いです。全身脱毛をおこなった場合は50万円くらいかかることもあります。貯金がある人は問題ないですが、貯金がない人は払えないと思う人もいます。最近の医療脱毛の支払方法はいろいろあるので、自分にあった支払方法を選ぶといいでしょう。クリニックなどで医療脱毛をおこなう場合の支払方法は、現金やクレジットカードでの一括払いと、医療ローンを利用した分割払いがあります。医療ローンは患者にあわせて月々の支払いが選べる支払方法で、支払い回数も60回くらいまで自由に選べることが多いです、医療ローンを利用する場合は、クレジットカードで分割した場合よりも手数料が安いのでお得に利用できます。医療ローンの契約には、運転免許証や健康保険証などの身分証明書や、通帳と銀行登録印が必要になるのであらかじめ用意しておくと契約もスムーズにおこなえます。

医療脱毛に必要な期間

部位ごとに異なる?

人間の肌の毛は生えてから抜け落ちるまでに周期があります。この周期を毛周期といい、この期間はそれぞれの部位によって異なります。そのため脱毛をする場合であってもこの周期を考慮して行なわないと、せっかく脱毛を行ってもまたすぐに生えてきてしまうことになります。医療脱毛を行う場合にはこの部位ごとの毛周期を意識して脱毛を行うことになります。例えばわきの部分については3カ月から5か月、腕や足の部分は4カ月から5か月、またVラインに於いては1年から1年半という周期が有ると言われています。また、医療脱毛を行う場合には効果的に行う必要があり、そのためには毛周期の中でも毛の成長期に行う必要があります。又、表面に見えている毛は全体の20%から30%で有り、残りは皮膚の中に隠れているために、成長期には隠れている毛が伸びてくる間は頻繁に医療脱毛を行う必要があります。そのため効果的な医療脱毛を行う際には毛周期の中で成長期に集中して行うことで効果的な脱毛ができることになります。

部位ごとの医療脱毛との相性

レーザー脱毛などの医療脱毛はレーザーが毛根に直接照射をして毛根細胞を破壊するので、脇などの部位の太くて濃い剛毛に強く反応します。毛の濃い部位などは結果が出やすいのでおすすめです。レーザー脱毛は、回数を重ねるごとに、毛の量が少なく、毛も薄くなっていきます。毛の周期によって数か月に一度のペースで照射をします。脇は一回あたり数千円でキャンペーンなどもよく開催しているので安いです。夏のシーズンは脇のあいた服や水着などを着る機会も増えるので、本当におすすめです。顔の産毛などは、細いので、医療脱毛は相性があまりよくありません。元々細い毛には反応しにくく、また回数もかかります。一本ずつ脱毛する針脱毛などが、細くて薄い毛には相性がいいでしょう。男性のヒゲは濃くて太いので、医療脱毛と相性がいいです。最近は女性のみならず男性もエステや医療脱毛をする人が増えています。根元から綺麗になるので美容的にはとても仕上がりもいいです。

部位別でクリニックに通う周期

煩わしいムダ毛は医療脱毛を受けるのが最適な方法です。レーザー脱毛機器は高出力なので、毛根を破壊する程の威力を持っています。再びムダ毛が生えてくる可能性は低く、永久脱毛の効果が期待できるのが特徴です。ムダ毛には毛周期があり、一定の間隔で成長期や休止期、退行期をくり返しています。成長期に合わせて脱毛処理を受ける事で高い脱毛効果を得る事ができます。この間隔は一般的に2ヶ月から3ヶ月程度とされていますが、体の各部位ごとに個人差があります。顔やVIO周辺のムダ毛は1ヶ月から1ヶ月半位なので、他の部位より短い周期で脱毛処理を受ける事ができます。希望する脱毛部位によって通う回数が違うので、費用も変わってきます。事前に目的や予算を明確しにして適切なコース選択をする事が必要です。美容皮膚科や美容外科等の医療機関ではメール相談やカウンセリングを受け付けているので、相談する事ができます。ムダ毛の事なら些細な事でも親切にアドバイスしてくれます。